医院ブログ

0270-61-8242

10:00 13:00
最終受付 12:30
/ 14:30 19:00
最終受付 18:30

※休診:日曜・祝祭日

大規模駐車場完備

  • メール相談
  • LINE相談
  • 初診専用WEB予約
キービジュアル

根の治療を終えた後の痛み|伊勢崎市で歯の根管治療

2021年6月9日

こんにちは、歯科医師の嶋崎です。

 

今回は根の治療終えた後に起きうる痛みについてお話をさせていただきます。

 

皆さんの中には、根の治療を終えて被せ物が入り「やっと治療が終わったからおいしいものをいっぱいたべるぞ」と意気込んでお食事をしたところ、その歯が痛んだ経験がある方がいらっしゃるかもしれません。治療を終えたのに、痛みがでるなんておかしいなと感じる方がほとんどでしょう。

 

では、なぜ根の治療を終えたはずなのに、痛みを生じることがあるのかを説明していきますね。

 

根の1~2か月行ってきた歯は、しばらくの間咬まないように治療が施されているので、その間かみ合わせは正しい状態ではなく、歯で咬んだときの感覚を感じる歯根膜という組織にも適切な刺激がしばらく伝わっていない状態になっています。

 

その状態で被せ物が入り、「おいしい肉でもたべよう」と硬いものをいきなり食べると、いままで刺激の加わってなかった歯根膜がびっくりしてしまい痛みを感じてしまうのです。

 

歯は治療したらすぐ治ると思いがちですが、人体の組織なので手や足などのけがをしたときと一緒で完全に治るには時間がかかります。

 

例えば、足の骨を骨折してしまったときはギプスをつけて骨がくっつくのを待ちますよね。

その後、骨がくっついたのを確認した後にギプスを外します。ギプスが取れたと同時に歩いたり走ったりすることはできませんのでリハビリが必要になります。

骨折の時と一緒で、歯にもリハビリの期間が必要です。被せ物が入ったからといっていきなり硬いものを咬むのではなく最初の内は軟らかいものを食べていき、だんだんと硬いものにチャレンジしていくと、根の治療を終えた後に痛みを感じることは少なくなりますので、リハビリ期間だと思って焦らずお食事を楽しむようにしてください。

 

根の治療のことで悩みがある方がいらっしゃいましたら、いつでもお気軽に質問してください。

歯がしみる|伊勢崎市で知覚過敏治療

2021年6月5日

こんにちは、歯科医師の今野です。

 

だんだん暖かくなってきました。

そろそろアイスクリームが恋しくなる季節ですね。

さて、みなさんは、そのアイスクリームを食べて「歯がしみた」経験はありませんか?

 

毎日たくさんの患者さんと接している中で、患者さんがもっともよく訴える症状のひとつがこの「歯がしみる」という症状です。

 

「冷たいものでしみるんです」
「歯磨きの時しみるんです」
「何もしないときは痛くないんですが…」

 

それに対して、歯科医師からこう言われたことはありませんか?

 

「知覚過敏ですね。むし歯ではないので様子を見ましょう」

 

「歯がしみる」症状が出た時、多くの歯科医師は簡単に「むし歯じゃないから大丈夫ですよ」と言いますが、患者さんからしたら一大事です。

 

食事や歯磨きをするとき突然激痛が走るのですから、全然大丈夫でありません。

 

では、一体どうしてむし歯でないのに痛みが出るのでしょうか。

 

知覚過敏のベースとなる原因に、「象牙質が露出すること」が挙げられます。

 

それはどういうことか、というと、わたしたちの歯の構造が関係しています。

 

歯はざっくり言うと3層構造をしています。

まず、一番外側がエナメル質、といわれる身体の中で最も硬い組織に覆われ、その内側にエナメル質より柔らかい象牙質、と言われる組織があり、その中に歯髄、といわれる神経や血管を含む組織が入っています。

健康的な歯はエナメル質に覆われていますが、何かしらの原因によって象牙質が外側に露出してしまった時に、「象牙質知覚過敏症」といわれる「しみる症状」が現れる場合があります。

 

象牙質には「象牙細管」と言われる、神経のお部屋(歯髄)につながる非常に細い管が通っています。

 

その管の入り口(ホースの開口部をイメージしてください)がお口の中に露出してしまった時、歯の神経は困ったことに「風の刺激、温度刺激、歯ブラシの擦過刺激」などあらゆる刺激をすべて「痛み」として感じてしまいます。

このようにして「知覚過敏」の症状が現れるのです。

 

ただし、象牙質が露出しているからといって必ずしも「しみる」わけではありません。

象牙細管が露出していてもその管が石灰化物質によって生理的に封鎖されている場合は「しみる」症状は出ません。

 

では、具体的にはどのような原因で象牙質が露出し、知覚過敏が生じるのか、また、その治療法はないのか、そのあたりはまた次回詳しくお話しします。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

むし歯の成り立ち|伊勢崎市の歯医者

2021年5月29日

むし歯の成り立ち

 

こんにちは、歯科医師の菅原です

 

少しづつ毎日の陽気が暖かくなってきましたね。

 

今回はむし歯はどういう風に成り立っていくのかを説明して行きます。

 

 

前回までに説明した様に歯の周りに付いたむし歯が糖を分解して酸を作り歯を溶かして行きます。

 

歯の表面のエナメル質と言われる部分は酸で溶かされると少しづつ隙間が空いてきます。

 

これを脱灰と言います。

 

 

隙間が開くとそこから菌が歯の中に侵入すると菌が大好きな象牙質と言われる柔らかい層にたどり着きます。

 

ここに菌が住み着くともうむし歯は治りません。

 

ここからは象牙質というところに住み着いた菌がどんどん酸を出して歯の中を溶かして行きます。

 

そしてある時重みに耐えきれなくなってエナメル質と言われる表面の部分が落とし穴の様に穴が開きます。

 

 

ここまで読んで頂いて分かる方もいると思いますが、むし歯で穴が開くというのはかなり大きいむし歯だという事がわかります。

 

そして穴が空いたりすると、水がしみる、熱いものがしみる、甘いものがしみる、ズキズキ痛いなどの症状が出てきます。

 

この状態で歯医者さんに来ると大きいむし歯なので、根っこの治療などが必要になる場合があります。

 

なのでむし歯は早期発見が大切だという事がわかります。

 

 

なので定期的に歯科院に通院してむし歯の早期発見に努めましょう。

 

ちなみにむし歯は何年という単位で成長していくので3ヶ月に一回の定期検診でも十分に早期発見できる可能性が高いです。

 

伊勢崎おとなこども歯科はむし歯の早期発見など予防歯科に力を入れている歯科院です。何かお口の中で気になる事があるなら、遠慮なく質問してください。

「ブログ」を新設いたしました

2021年5月26日

「ブログ」を新設いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • WEB予約
  • LINE相談
  • MAIL相談

電話番号

0270-61-8242

〒379-2224
群馬県伊勢崎市西小保方町368 スマーク伊勢崎2F

このページの先頭に戻る

LINEで矯正・審美治療の相談ができます

「私の歯ならびはマウスピース矯正できるかな......」
「ウチの子は矯正したほうがよいのでしょうか......」
「この銀歯を白くしたらいくらくらいかかるのかな......」

お口の悩みは様々ですが、なかなか初めての歯科医院に行くのはもちろん、電話も勇気がいりますよね。
伊勢崎おとなこども歯科・矯正歯科は予約もですが、電話も混み合っていてつながりにくいとご意見をいただくことが多い歯科医院です。
そこで、来院の前に気軽に相談できる方法として、写真を添付してLINEで相談を受けることにいたしました。

【注意点】
ご予約の変更やキャンセルなど、ご予約に関することはLINEでは行えません

  • ※1 写真のみでの診断は判断の難しい場合や、誤解などが生じるため、正確な診断ができない場合があります。
  • ※2 担当の歯科医師の状況により返信が遅くなることがあります。
  • ※3 詳しいご相談をご希望の方やご来院いただいてからとなります。ご希望の方は、ご予約の上ご来院ください。
  • ※4 県外などの来院が現実的に難しい方はお近くの歯科医院でご相談ください
LINE相談をする