歯周病治療

0270-61-8242

10:00 13:00
最終受付 12:30
/ 14:30 19:00
最終受付 18:30

※休診:日曜・祝祭日

大規模駐車場完備

  • メール相談
  • LINE相談
  • 初診専用WEB予約
キービジュアル

何度も歯周病が「再発
してしまっている方へ

再発してしまうには
原因」があります。
その原因に
「直接アプローチ」することで、
劇的な変化が生まれます。

従来の「対症療法」と、原因にアプローチする「原因療法」

1

まず初めに、理解いただきたいことがあります。
歯周病は「感染症」であることを。

つまり、風邪やインフルエンザと同じで、「細菌」により引き起こされ、その感染が広がっていくのが歯周病です。

つまり、その「細菌」をしっかり除菌しなければ、一時的に良くなったとしても、また「再発」してしまうのです。

何度も歯周病治療をしても、すぐに再発してしまう方は、この「細菌」にアプローチできていないと言えます。

では、具体的に当院ではどのようなアプローチを行っていくかをご紹介します。

まずはどのような細菌がいるのかをチェック!

2

一般的な検査の他、「細菌」の活動状況や、歯周病がどこまで進行しているかの検査を行います。ここでは「細菌の活動状況」と「歯周病の進行度合い」に関してどのような検査をしているかを抜粋してご紹介します。

細菌検査

3

位相差顕微鏡というものを利用します。
細菌を直接観察することができ、細菌の種類・数や活動性を確認します。

CT検査

4

三次元で状況を確認できるCTを利用します。
歯周病が進行すると「顎の骨」を溶かしていきます。
顎の骨が解けていくと最終的には歯を支えることができず、歯が抜け落ちてしまいます。

CT撮影により、顎の骨がどのレベルまで失われているかを正確に確認することができますので、進行度合いをチェックすることができます。

現状把握後、歯周病菌にアプローチしていきます

一般的に行われている細菌の塊である歯垢や歯石を除去していくことも大切です。
しかし、歯周病は「細菌」に起因していますので、目に見える「細菌」だけを除去しても、「目に見えない」細菌が必ず残ります。その細菌もしっかり除菌することがとても大切になります。

「歯周内科」治療

5

薬(ジスロマック)を利用し、内科的なアプローチで口腔内の歯周病菌を除菌する方法です。

下の画像をご覧ください。投薬前と投薬後のお口の中の細菌の変化です。明らかに細菌数が減っているのが分かると思います。

  • 治療前
  • 治療後

「バイオフィルム」を
破壊してからの歯石除去

先ほどもお伝えしましたが、従来から行われている歯垢・歯石の除去は歯周病治療で必須の処置となります。

8

しかし、従来法では歯垢・歯石を守るバリア(バイオフィルム)に対してのアプローチが不十分でした。

効率的に歯石等を除去するためには、それらを守っているバリア(バイオフィルム)を最初に除去してから、その中にある歯石等を除去していきます。

しかし、従来法では、その流れを取らず、バイオフィルムも歯石も同時に力技で除去していました。この方法だと、雑な処置になり、必ず歯石等の取り残しが生じます。

それを防ぐため、当院ではバイオフィルムを除去してから歯石等を除去していく流れを採用しています。

治療後は、「予防の専門家」によるメンテナンスをお勧めします

9

免疫力が低下したときに「風邪」をひいてしまいます。
安静にしているとよくなりますが、再び免疫力が低下するとまた風邪をひいてしまいます。

歯周病も同じです。

歯科医院で治療をすることでいったんは良くなりますが、身体の免疫力が低下したり、歯周病菌を活性化させる生活習慣を継続していると、歯周病は再発します。

つまり、治療すれば、もう再発しないというのは間違った認識です。
治療後、再発しないような生活習慣の改善・免疫力の向上に取り組むことが再発を防止する唯一の方法です。

また、歯周病の原因である細菌の塊(歯垢/歯石)は、どんなにしっかりブラッシングしたとしても、徐々に蓄積してきます。特に歯石は歯科医院で特殊な機材を利用しなければしっかり除去することができません。

そのため、定期的に歯科医院でのケアが必要になります。

当院には歯周病ケアのプロフェッショナルである歯科衛生士が多数在籍しています。

10

歯科衛生士が、歯周病が再発しにくい生活習慣のご提案や、免疫力向上の助言、そして歯石の除去等を行います。

歯周病を再発させないため、治療後は歯科医院での定期メンテナンスを強くお勧めします。

最後に:歯を失ってしまう原因1位は「歯周病」という事実

ご存知の方もいると思いますが、歯を失ってしまう原因の第1位は「歯周病」です。

高齢の方で入れ歯をしている人のほどんどは歯周病で徐々に歯が抜けてしまい、最終的に総入れ歯になってしまった方です。

11

そのような方が良くおっしゃる言葉があります。

もっと歯を大切にしていればよかった……

人は経験してみないと理解できない生き物です。
しかし、将来をイメージできる生き物でもあります。

先人の「後悔」を繰り返す必要はありません。

適切な知識と行動をとることで、歯を失う事を防ぐことができます。

この事実をもっと多くの方に知って欲しい。

そのために当院ができることは、すべて行う所存です。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • WEB予約
  • LINE相談
  • MAIL相談

電話番号

0270-61-8242

〒379-2224
群馬県伊勢崎市西小保方町368 スマーク伊勢崎2F

このページの先頭に戻る

LINEで矯正・審美治療の相談ができます

「私の歯ならびはマウスピース矯正できるかな......」
「ウチの子は矯正したほうがよいのでしょうか......」
「この銀歯を白くしたらいくらくらいかかるのかな......」

お口の悩みは様々ですが、なかなか初めての歯科医院に行くのはもちろん、電話も勇気がいりますよね。
伊勢崎おとなこども歯科・矯正歯科は予約もですが、電話も混み合っていてつながりにくいとご意見をいただくことが多い歯科医院です。
そこで、来院の前に気軽に相談できる方法として、写真を添付してLINEで相談を受けることにいたしました。

【注意点】
ご予約の変更やキャンセルなど、ご予約に関することはLINEでは行えません

  • ※1 写真のみでの診断は判断の難しい場合や、誤解などが生じるため、正確な診断ができない場合があります。
  • ※2 担当の歯科医師の状況により返信が遅くなることがあります。
  • ※3 詳しいご相談をご希望の方やご来院いただいてからとなります。ご希望の方は、ご予約の上ご来院ください。
  • ※4 県外などの来院が現実的に難しい方はお近くの歯科医院でご相談ください
LINE相談をする